西田町街並み(1951年、角川政治氏撮影)

田町のおこり

 田町は、萩市の市街地のほぼ中央にあり、いろいろな商店がたちならんでします。田町の東側を東田町、西側を西田町とよんでいます。「町へ買い物に行く」といえば、田町にでかえるという意味で使われていた時期もありました。
 では、いつごろから田町という名がつけられ、商店がたちならぶようになってのでしょうか。
 西暦1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いが起こりました。このとき、東軍の総大将が徳川家康、西軍の総大将が毛利輝元でした。天下分け目の戦いは、東軍が勝ち、徳川家康は江戸(今の東京)で幕府をひらきました。いっぽう、敗れた毛利輝元は、中国地方八か国120万石から、周防・長門の二か国(今の山口県)36万石に領地をへらされました。
 そこで、輝元は、長門・周防の中心となる城下町として萩をえらび、萩に城をきずくことになりました。城づくりは、1604年(慶長9年)からはじまり、4年後の1608年(慶長13年)に完成しました。城づくりとあわせて、城下町の町づくりもおこなわれました。
 このころ、田町は見渡すかぎりの田んぼでした。輝元は町づくりにあたって、田んぼをうめたて町屋敷をたて、商人たちを住まわせました。こうして、今からおよそ400年前の江戸時代のはじめに、田町は現在のように商店のたちならぶ町なみができあがったのです。田町の地名は、田んぼであったところに町ができたので、田町と名づけられ、それが東と西に分かれ、東田町と西田町になったといわれています。
 ついで、1687年(貞享4年)には、田町の南側に、萩の城下町を東西に横切る、新堀川がほられました。新堀川は洪水のさいの水はけをよくするためと、川舟によって荷物を運ぶためにほられた水路です。とくに、田町の商人にとっては、川舟によって商品を運ぶのに大いに役だったことでしょう。新堀川のそばの通りは、のちに田町の南側にあたるということで、南田町ともよばれました。
 ところで、萩の城下町のそれぞれの町には、町人たちが洪水や火災のさい、出動するときにもっていく「町のぼり」がありました。東田町の「町のぼり」は、赤色の丸の中に、東田町と書かれています。いっぽう、西田町の「町のぼり」は、貝がえがかれています。これはニシという貝で、西田町の「西(にし)」から「ニシ」を連想して、町のしるしとしたものと思われます。

唐樋の札場と御成道

唐樋の札場跡
 唐樋町にある萩信用金庫本店の前に、「萩往 還」としるされた石づくりの目じるしがたっています。ここが、唐樋の札場といわれたところです。唐樋の札場と いっていましたが、実際には唐樋の札場は、唐樋町のうちではなくて、東田町のうちにありました。
 札場は高札場ともいい、幕府や藩の規則などをしるした板の札をかかげた場所です。札場は人通りが多いところにおかれたくさんの人々の目にとまるようにしたのです。東田町は、萩城下の中心地として最もにぎやかな場所でしたので、ここに札場がおかれたのでした。
 また、唐樋の札場は防長両国(周防国と長門国、今の山口県)の各地に通ずる街道の出発点として、ここから距離をかぞえました。江戸時代には、唐樋の札場は、防長両国の陸上交通の中心であったともいえます。今でも札場跡は、東西南北にはしる道路が交差し、近くには萩バスセンターもあり、萩の道路交通の大切な場所となっています。
 唐樋の札場は、山口や三田尻(今の防府市)へ行く萩往還、赤間関(今の下関)へ行く赤間関街道、石見国(今の島根県)の益田や津和野へ行く石州街道の出発点となっていました。中でも、萩往還は「御成道」ともよばれていました。江戸時代には、参勤交代といって、それぞれの藩の藩主は1年おきに、江戸と自分の藩とを行き来していました。「御成道」とは、藩主が参勤交代のときに通った街道のことをいうのです。萩往還は、萩藩の藩主である毛利の殿様が参勤交代のときに通った街道であるから、「御成道」とよばれたのです。
 江戸時代には、東田町・西田町ともに、「御成道」である萩往還が町の真ん中を東西にはしっていました。毛利の殿様は、1年おきにたくさんの行列をしたがえて田町の「御成道」を通りました。そして、萩城下の各町の世話をとりしきった町年寄たちが、参勤交代のたびに唐樋の札場に勢ぞろいして、毛利の殿様を見送ったり出迎えたりしました。
 このように、江戸時代には、田町は萩城下のメインストリートだったのです。

梅屋七兵衛と東田町

 梅屋七兵衛は、江戸時代の終わりの幕末に活躍した豪商です。梅屋七兵衛は、古くは浜崎町に住んでいて、ほかの藩との交易をおこなう北国問屋をいとなんでいました。江戸時代の終わり、七兵衛の代になって、1852年(嘉永5年)東田町に移り住み、酒造りをいとなみました。そのかたわら、七兵衛は、萩藩の武器を買い入れる役目について、1864年(元治元年)には長崎へ行き武器を仕入れています。
 ついで、1865年(慶応元年)4月、萩藩は七兵衛に外国製の鉄砲を買い入れることを命じました。このころ、萩藩では、幕府をたおして新しい政府をつくるために、藩の軍事の力を強くすることを進めていました。そのため、外国製の性能のよい武器をたくさん買い集めていたのです。
 七兵衛はさっそく、長崎へ行き、鉄砲を買い入れることにしました。しかし、このころ萩藩は幕府と対立していましたので、幕府の領地である長崎に入ることができませんでした。当時、自分の藩以外のところへ行くには、自分の身分を明らかにする通行手形が必要でした。そこで、七兵衛は伊藤博文たちと相談して、萩藩の商人という身分をかくすために、となりの広島藩の商人という、にせの通行手形をつくり、命がけで長崎に行きました。
 長崎で七兵衛は、イギリスの商人ガールと鉄砲の買い入れの契約をしました。長崎に長く滞在していては、自分の本当の身分をさとられるかもしれないと思い、七兵衛はガールとともに中国の上海にわたりました。ガールはただちに鉄砲を仕入れるために、イギリスに帰りました。その間、七兵衛は上海でまっていましたが、1年後にガールは上海にもどってきました。
 すぐに、七兵衛はガールが仕入れた千挺の鉄砲を船につみこみ、ガールとともに1866年(慶応2年)10月、仙崎(今の長門市)につきました。七兵衛が、萩を出発してから1年あまりもたっており、七兵衛のことはもはや忘れられていました。仙崎では事情を説明してやっとのことで騒ぎがおさまったといいます。
 七兵衛は、命がけで鉄砲を買い入れたてがらによって、山本という名字を正式に名のり、さらに刀をさすことが、藩から許されました。七兵衛は、木戸孝允や伊藤博文など、たくさんの幕末の志士たちとまじわりました。七兵衛の屋敷があった場所は、現在、東田町の岩崎酒造のところだそうです。この場所に、幕末には志士たちがしばしば出入りしたことでしょう。また、吉田松陰と交流のあった梅田雲浜が、1858年から1859年(安政3年〜4年)にかけて、萩に滞在したさいに、東田町の七兵衛の屋敷に宿泊したそうです。

柏木体温計とネズミの看板

ネズミの看板
 東田町の柏木薬局の前に、白いネズミをえがいた看板がたてられています。このネズミの看板と、柏木薬局とはどのような関係があるのでしょうか。
 病気になったときなどに、私たちの体温をはかるのに、体温計が使われています。今では、数字があらわれるデジタル式の電子体温計が使われていますが、以前はガラス管の中に、水銀を入れた体温計が使われていました。ガラス管には、目盛りがきざまれていて、管の中の水銀が、上がったり下がったりすることによって、体温の数字を読みとっていたのです。
 このガラス製の体温計を日本ではじめてつくったのは、柏木幸助という人です。幸助は1856年(安政3年)、三田尻(今の防府市)で生まれました。幸助の家は九代もつづいた薬屋で、幸助は薬屋をつごうと化学の勉強にはげみました。
 幸助は、化学の勉強でえた知識をいかして、何か世の中の役にたつものをつくりたいと思いました。1875年(明治8年)、幸助はマッチの製造に成功しました。このころ、マッチは、ほとんどが外国から輸入されていました。幸助のつくったマッチは優秀な製品で、全国各地へ送り出され、中国へも輸出されるようになりました。しかし、1881年(明治14年)、自宅内のマッチ工場が全焼し、幸助はマッチの製造をあきらめることになりました。
 つぎに幸助は、寒暖計からヒントをえて、体温計をつくることを思いたちました。このころ、体温計は外国からの輸入品ばかりで、値段が高いので、医者でも手にいれにくいというほどでした。まず、幸助は水銀をいれるガラス管をつくる研究からはじめ、苦労をかさねたのち、1883年(明治16年)に日本ではじめての体温計が完成しました。
 幸助は自宅の敷地に、柏木検温器製造所という体温計を製造する工場をつくり、20年後には、「柏木体温計」として全国で広く利用されるようになりました。さらに、30年後には、ヨーロッパやアジアの国々にも輸出されるようになりました。
 東田町の柏木薬局は、体温計を発明した柏木幸助の家の分家だそうです。体温計で体温をはかることを「熱(ねつ)をみる」ともいいます。日本で最初の体温計をつくり、それを売っていた柏木家の看板が、ネズミなのは、実は「熱(ねつ)をみる」という言葉と関係しているのです。つまり、「熱(ねつ)をみる」を略して「ねつみ」となり、これが動物のネズミへと連想していったわけです。「柏木の体温計か、体温計の柏木か」といわれるほど全国に通用したにふさわしい看板ということができます。

アーケードの裏側

田町アーケード街
 東田町と西田町の一部の通りの上には、屋根があります。道を歩く人が、雨や風の心配なく商店を利用できるようになっています。これをアーケードと呼び ます。田町にアーケードが設けられたのは、1970年(昭和45年)のことです。
 アーケードに面して、それぞれの商店は明るいショーウインドを設け、店の名前を示した看板などをかかげています。また、建物を建て替えて、アーケードと一体となった商店もあります。アーケードによって、田町は一つの細長い建物になり、それぞれの商店はデパートの中の売り場のようになっています。
 田町を描いた明治時代の古い銅版画では、通りに沿ってひさしの高さがそろった商店が連なっています。あつかう商品は異なっていますが、隣り合う建物は壁一枚で接しています。建物の棟が道路と平行で、屋根の傾きや高さもほとんど同じになっているため、それらの商店は、まるで一つの長い建物のように見えます。
 このような通りに沿って連続する商店街は、実は江戸時代から形作られていました。一つの建物に見えるそれぞれの商店では、当時から特定の品物を専門に商っていました。田町は、専門店街やデパートのような商店街で、昔から多くの人や様々な物が集まる所だったのです。
 実はアーケードにおおわれて見えない裏側には、昔ながらの伝統的な建物が、ずいぶんたくさん残っています。注意してみると、通りに面した建物の前面に長く太い木の梁があったり、店のなかに木の柱があったり、瓦やしっくいの壁がのぞいていたりしています。裏側まで通じる土間のある建物もあります。それらの伝統的建物の中には、江戸時代に建てられたものもあるようです。
 土地の使い方も伝統的で、通りに面した建物の幅(間口)に比べて、奥行が深くなっています。細長い短冊のような敷地は、ウナギの寝床にたとえられます。商店の裏側から見ると、広い瓦屋根や、家の奥に設けられた中庭、蔵などから、伝統的な土地の使い方が良く分かります。
 その他にも、田町には、建物そのものを目立つ形に立て替えたり、外国の建物の建て方やデザインを取り入れたりした商店があります。伝統的なものを守りながら、流行にも目を向けてきた田町の歴史が分かります。田町のアーケードの裏側を注意して見ることで、様々な発見を楽しむことができます。

アーケードに面した伝統的建物

町屋と町並み

伝統的な町屋
 通りに面して、そして隣の家に接するように建てられた建物を町屋と呼びます。田町に見られる伝統的な建物の商店が、この町屋にあたります。
 江戸時代の萩の町には、武家屋敷や農地などに対して、町人が住まいした町人地がありました。町人地には、商売をする人や職人の人達が集まって住まいました。現在でも町人地だった所では規模の大小はありますが、多くの伝統的な町屋を見ることができます。
 萩の町の伝統的な町屋には、共通の特徴があります。その一つは、建物の屋根の最も高い所にある棟が、通りと平行になっていることです。そして建物の通りに面した側面、ですから棟に平行な側面から、建物に出入りするようになっています。このような建物を、平入りの建物と呼びます。この平入りの建物が、壁一枚で接して連続して立ち並んでいるのも、萩の町屋の特徴の一つです。
 このような町屋の敷地が、ウナギの寝どこのように奥に深いことは前にも書きました。伝統的な町屋は、通りに面してミセと呼ばれる間があり、その奥に中の間、座敷が並ぶ形になっています。座敷の奥には中庭が設けられ、その奥に台所や蔵が設けられることが多いようです。通りから家の奥へと通じるトオリニワと呼ばれる土間があるのも、町屋の特徴だったようです。
 萩市郷土博物館には「鸞輿巡幸図」と呼ばれる江戸時代に描かれた絵画があります。これには、御成道にそった呉服町辺りの町並みが描かれています。呉服町っは、田町や瓦町などとともに主要な道に沿った大きな商店街です。この「鸞輿巡幸図」によれば、規模の大きい平入りの町屋が、隣の家と接して建ち並んでいたことが分かります。
 それぞれの町屋では、通りに面したミセと呼ばれる座敷を広く開け放っています。そして、商売を行ったり、祭りの行列を迎えたりしています。商売を行う町屋では、通りを行き交う人たちに品物を見せるということが、とても大切でした。ミセは品物を見せる場所であり、店に無くてはならない場所なのです。そのために伝統的な町屋では、通りに面しては蔀戸と呼ばれる取りはずしができるシャッターのような戸を設け、柱まで取りのぞくことができるようになっていました。町屋の前面を開け放つ工夫がなされていたようです。
 田町の通りも、この「鸞輿巡幸図」に描かれたような町屋が連なっていたそうです。現在でも、伝統的な町屋の町並みが、アーケードの裏側や西田町、それから米屋町にかけて良く残されています。それらからは、江戸時代の城下町の賑わいや町の様子が、大変に良く伝わってきます。長い年月をへて形作られた歴史的な町や自然のながめは、萩の町の歴史を伝える生きた資料です。私たちは、それらから多くのことを学ぶことができます。その意味で、町屋の町並みはとても大切な文化財といえます。