萩市田町商店街振興組合連合会について

概要 名称 萩市田町商店街振興組合連合会
所在地 萩市東田町59番地
代表者 柏木弘義
登記日 昭和43年11月18日
出資金額 200(千円)
事務局員 福間博之
会員 東田町商店街振興組合
田町通商店街振興組合
地区 萩市大字東田町3番地〜145番地
萩市大字西田町1番地〜55番地
萩市大字米屋町38番地〜40番地
会員資格 地区内に設置されている商店街振興組合
単会組合員の業種 小売業・サービス業
沿革 当振興組合連合会は、東田町、西田町に連続するアーケードの建設・維持・管理を主目的として、東田町商店街(振)(昭和41年10月設立)と田町通商店街(振)(昭和41年12月設立)の2名が会員となり、昭和43年10月設立されたものです。
アーケード施設は昭和45年に完成し、その後はアーケードの維持管理と2商店街の共同売り出しの企画、会計を主に行ってきました。
今回再度、東田町においてアーケード施設の更新、カラー舗装施設を昭和62年11月に完成した。コミュニティ施設(イベントホール)を平成3年度に建設しました。
お客様に再来店していただくため、スタンプ事業も平成5年3月より開始しました。
「ジョイフル・スタンプ」の名称で現在、お客様方に好評をいただいております。
現在、厳しい経済状況下の中、集客促進をするため、ハード・ソフト両面を各会員がベクトルを合わせ、新たな街づくりに挑んでいます。

ホームページ公開について

 45店舗の商店会員の持ち味をお客様に知っていただくために、また、商店街連合会の主催するイベント情報等をお知らせするため、この度ホームページを開くことに致しました。(それぞれの会員の商店で扱う商品・サービスをリアルタイムでお知らせする。また、ご質問等をお気がねなく、お問い合わせいただき、今まで以上にコミニュケーションをお客様とさせていただくために。)